家賃保証制度を上手に活用しよう

アパートなどの賃貸管理で不安なのは、やはり空室や入居者の滞納に関するリスクではないでしょうか?しかし家賃保証などの救済制度を利用すると、ある程度のリスクは回避できます。保証の範囲を学習し、将来のリスクに備えましょう。

空室保証と滞納保証の違いとは?

滞納保証とは?

賃貸オーナー(大家さん)でなはく入居者が契約するものです。入居者に万が一滞納があっても大家さんに家賃が保証されます。支払いに心配がある入居者の場合、仲介管理業者を通して契約してもらいます。

空室保証とは?

滞納保証に対して、家賃保証は大家さんが契約する保証制度です。通常どおり管理業者に委託して、保証会社に保証料を支払い、借り手がおらず空室になったときは、一定額の保証料金が支払われます。一般的に、家賃収入の80~90%が保証されます。

賃貸経営のコツは収支計画にあり

賃貸管理・経営を行う上で、収支計画はとても重要です。支出よりも収入が多ければ収益を得ることができます。また収支計画は、銀行の融資を受ける上でもとても重要です。八王子のマンション管理会社の中には、収支計画の相談なども受けているところがありますので、相談してみるのもよいでしょう。また、ある一定期間だけ家を貸し出すリロケーションの管理を請け負ってくれる管理会社もあります。期間が決まっている海外出張で家を空けることになった場合など、上手にリロケーションを行えば家賃収入を得られるのです。

賃貸経営で収支計画を作成する時のコツとは?

空室

適切な家賃を設定する

収入を得る上で家賃を決めるのはとても重要です。家賃を周辺地域に比べ高く設定すると、空室が多くなり、安すぎると利回りが悪くなります。適正な家賃相場をインターネットなどで探すと便利です。

入居率はどの程度で計算しているか?

新築物件などは、ほぼ入居をする場合もあります。その場合でも最低の入居率を想定しておいた方が安心と言えるでしょう。今は新築でも数年たてば空室のリスクは発生します。空室がどの程度あるかで収益が大きく変わってきます。

修繕費用はどの程度?

部屋から撤退した時、ルームクリーニング代が発生します。また、クーラーなどの設備は消耗品のため、数年でメンテナンスが必要となります。外壁などのリフォーム費用も掛かりますので、収入計画をしっかり立案した方がよいでしょう。

[PR]
賃貸管理会社の徹底特集♪
不動産経営を成功させたいなら注目!

賃貸経営を円滑に行うコツ!|初心者オーナーがやるべきこと

空き部屋

収支計画書は何度も見直しすることが必要


収支計画は、景気の動向や税制などに多大な影響を受けます。それもあり、収支計画のズレを一早く察知しなければなりません。また修繕費用が予想以上に高かったり、逆に家賃相場が上昇したりするので、景気の動向は常にチェックするようにし、収支計画書を見直しましょう。

インテリア

賃貸経営における不動産会社の業務は?

賃貸経営の場合、不動産会社のメイン業務は仲介業務ではなく「管理業務」となります。該当のアパートやマンションの入居者に滞納やトラブルがないようにすることが一番の仕事です。

一棟マンションの売却を成功させよう

[PR]
賃貸保証会社を利用すべし!
賃貸経営の不安が軽減できちゃう♪

[PR]
賃貸管理業者が多数登録中
優良会社がきっと見つかる♪

[PR]
ワンルームマンション投資を成功させよう
役立つ情報を大公開♪

不動産投資セミナーを利用しよう

広告募集中